リゼクリニック脱毛口コミ効果・痛み・料金・脱毛機のすべて

リゼクリニックが支持される3つの大きな理由(どんな人に向いていてどんな特徴があるのか?)

リゼクリニックは、無駄毛に悩んでいる女性に支持されている医療脱毛のクリニック支持される理由が3つあります。1つ目の特徴は、患者さんひとりひとりのペースに合わせて、脱毛期間を設定していることです。照射期間は最低でも2ヶ月間は開けてもらうことが必要ですが、肌の状態によって期間をもっと長くとったほうがいい方もいます。お仕事の都合や、妊娠で長期来店できないときも、5年間の有効期限があるので安心して通ってもらえるのが特徴です。さらにいつでもコースの解約ができ、未消化分の残金が返金されるシステムになっています。

リゼクリニックの2つ目の特徴は、初回は医師と女性スタッフがカウンセリングを実施していることです。医師は医療の立場から脱毛の仕組みやメカニズムなどを話してくれます。女性スタッフは、料金についての説明や返金システムなど、事務的なことも丁寧に説明してくれます。治療に関する情報はすべて話して、納得していだたいた上での契約になります。勧誘がないので、安心して初回のカウンセリングを受けることが可能です。時間は無制限で、質問しにくいという内容でも遠慮しないで聞くことができます。完全予約制なので、待ち時間がなく相談ができるのも魅力です。どんな疑問や不安を持っているかを、しっかりと伝えることが可能です。

3つ目の特徴は、痛みに関してできるだけ軽減できるように努力していることです。一気に終わらせるやり方もありますし、麻酔を使用する方法も取り入れています。笑気麻酔や麻酔クリームを使うので、医師から十分な説明があります。麻酔に関してのアレルギーがあるかどうか、カウンセリングのときに聞いてくれます。特にVIOのような痛みが強いという箇所に関して、使用したいと希望の女性は多いです。患者さんとのコミュニケーションを大事にして、痛みに関して把握できるようにしてくれています。施術前と施術中・施術後は冷却して、炎症を抑えるだけでなく痛みを軽減しています。

リゼうなじの脱毛の特徴と注意点

リゼのうなじ脱毛は、標準的な回数が5回と手軽で、うなじのみのコースだと税別36,800円で施術が受けられます。
うなじ脱毛の所要時間は2回目以降が15分で、完全予約制が採用されていることもあり、待ち時間がなく忙しい人でも脱毛可能なのが魅力的です。
痛みは弱めで耐えられる程度ですし、脱毛部位が露出している部分ですから、着衣状態で施術を受けられるのも良いところです。
リゼのうなじ脱毛には、細かな出力調整でベストな施術を実現するポイントがあります。
うなじの毛は一般的に太い傾向で、むやみに強力なレーザーを照射すると火傷の恐れが高まります。
その為、リゼは患者さんの生え際の状態を見ながら、火傷しない強さのレーザーを照射しているわけです。
施術の際は協力が求められますが、これはいわゆる打ち漏れを防ぐのが目的で、首を伸ばすように指示されます。
しかし、リゼのうなじ脱毛はデザインの自由度が高く、希望の形に仕上げられるメリットがあります。
毛嚢炎のリスクはないに等しいですが、炎症性浮腫と増毛・硬毛化や火傷のリスクは同等に存在するので注意です。
レーザー照射による肌の赤みは一時的ですから、この点は心配しなくてもまず大丈夫でしょう。
うなじや襟足の部分は、他の部位と比べて脱毛リスクが低いので、炎症性浮腫も増毛も硬毛化も、火傷と合わせて発症率は低めです。
万が一いずれかの症状が発生しても、リゼは手厚い保証のサポートがありますから、不安なく脱毛施術を検討することができます。

リゼもみあげ脱毛の特徴と注意点

リゼのもみあげ脱毛は施術時間が15分くらいと短く、範囲が広くほほまで照射対象となる点が特徴に挙げられます。
耳上の付け根からほほに至るまで、思いの外広範囲の脱毛が行えることが、リゼのもみあげ脱毛の魅力です。
1回あたりの料金がリーズナブルですし、何より所要時間が短く直ぐに終わるので、忙しくてお手入れの暇がない人に朗報でしょう。
全ての施術を終えてしまえば、後はもみあげお手入れから解放されますから、リゼで脱毛を受けてみる価値は大きいといえます。
総額はコースによりますが、例えばより確実な脱毛に期待できる5回コースでも、3万円台前半という手頃な価格です。
元々もみあげがあまり濃くなく、少ない回数で変化が実感できる人であれば、2万円台前半の3回コースが狙い目です。
ただし、リゼのもみあげ脱毛には、無視することのできないいくつかの注意点があります。
炎症性浮腫や増毛と硬毛化、打ち漏れのリスクは最小ですが、少しだけ火傷のリスクが存在します。
また毛嚢炎のリスクは少し高いので、この点は理解して念頭に置いておくことが必要でしょう。
もみあげ脱毛で最大のネックになり得るのは、痛みがとても大きく気になることです。
5段階中で4という痛みの強さですから、痛みに敏感で苦手な人にとっては問題です。
しかし、1回の施術時間を短く設定したり、施術中にこまめな冷却を繰り返すことで、リゼは痛み軽減に取り組んでいます。
痛みに耐えることができない場合は、2種類の麻酔の検討が行われますから、そういう意味でもリゼは安心感を与えます。

リゼ背中・うなじ脱毛の特徴と注意点

背中やうなじなどの体の後ろ側のムダ毛処理は自分でするのは難しいものがあります。それゆえ、エステサロンやクリニックの施術を選ぶ人は多いものです。リゼクリニックは高品質な医療脱毛を提供することで人気の高いクリニックです。医療脱毛は高いというイメージがありますが、リゼでは背中やうなじの脱毛も安心価格で提供されています、
注意点としては、うなじもデザインによって、かなり印象が変わってきます。うなじのデザインについても相談に応じてもらうことができますので、希望があればしっかりと伝えておきましょう。施術前には自宅でシェービングをするのが一般的ですが、背中部分はきれいに処理するのがかなり難しいといえます。その点、リゼではシェービングも無料で対応してくれますので、剃り残しがあった場合にも安心です。
そして、気を付けたい点としては、背中のような産毛部分は施術をすることでより毛が濃くなる、太くなるなどの硬毛化のリスクがあるということです。それゆえ、希望の回数で終わらない可能性があることは理解しておきましょう。追加で施術が必要になることもありますが、リゼでは無料で1年保証がありますので安心感があります。背中やうなじだけではなく、他にも処理したい部分がある場合は、最初から全身脱毛コースを選んでおくほうがお得になることもあります。
それゆえ、コース内容や料金体系はよく確認しておくことも大切です。支払いが厳しいという場合は定額プランもありますので相談してみてはいかがでしょうか。

リゼワキ脱毛の特徴と注意点

リゼクリニックで行っている脇脱毛は、5回コースでほぼムダ毛が目立たなくなるなど高い効果が実感できるとして口コミ人気が高まっています。リゼクリニックが支持されている理由の一つに、『ライトシェア・デュエット』『メディオスターNeXT』『ジェントルYAG』といった3種類の脱毛器を導入しており、肌質や毛質を元に適切な脱毛方法で施術が行えるのでスピーディーかつ、安全にお手入れを済ませることが可能です。
ただ注意点としては、他の医療脱毛と比較してリゼクリニックの脇脱毛は5回で18,800円と少し高めになっています。他の医療脱毛では数千円で施術が受けられたり、脱毛パックに無料でついている事もあるため、施術を受ける上でメリットとデメリットをきちんと理解した上でケアを受けるようにしましょう。
また脇脱毛に限らず、全メニューの脱毛施術が5回コースに設定されているため、5回でほぼムダ毛が目立たなくなれば問題はありませんが、毛質が濃い方や毛量が多い方などは5回で完了しないこともあります。そういった場合は追加契約が必要となるので、脇脱毛の場合は5回終了後なら1回につき2,160円支払う必要があるので注意しましょう。また契約期限は5年間と決まっているので、有効期限内に施術回数を消化する必要があります。
注意点も多いリゼクリニックの脇脱毛ですが、他のクリニックと比較してシェービング料金が無料であることや、キャンセル料金も発生しないので自分のライフスタイルに合わせて無理なく通うことができるとして人気が高くなっています。

リゼ胸脱毛の特徴と注意点

リゼにおいても女性のデリケートな部位である胸全体を始め、乳輪の脱毛の施術を行ってくれます。特に胸や乳輪のムダ毛が生じるのは人の体質に寄りますが、それが発生するとなかなか相談することが難しいのも事実です。
大抵は自分で定期的な処理を行うのが一般的で、忘れてしまうこともしばしば存在したり、うまくムダ毛処理を行えなかったりします。こうした胸の脱毛に関してもリゼは施術対応することができます。
脱毛に関してはレーザーを照射する形で行っていきますが、乳輪は着色があるため、施術がしにくく難易度が高いのも特徴的です。リゼによる胸脱毛にかかる時間は約15分なので、それほど時間がかかる施術ではありません。
痛みの度合いもそれほど痛みを感じる心配がないので、軽く済む部位であります。施術の仕方によれば肌の表面をゴムで弾かれたような痛みを感じることと、乳房の下の方の場合には肋骨に痛みを感じる傾向も存在します。
乳輪部分では毛髪を引っ張ったかのような痛みも稀に生じることがあるぐらいです。施術の仕方も下半身は脱ぐことなく、上の部分もタオルを隠しながら施術を行う形になります。
注意点は乳輪部分はレーザー脱毛によるとやけどを感じることもあるので、痛みが生じやすい部分なのかもしれません。施術を行っていくと毛髪の増毛化や硬質化に繋がることもありますので、違和感を生じたら出来る限り早めに施術スタッフに伝えることも重要です。
胸は脱毛の効果が思うように出ない部位であることは確かで、完全に脱毛を実現する場合には回数をかけて行うのが一般的になります。

リゼ背中脱毛の特徴と注意点

リゼの背中脱毛は5回コースが税別73,800円、背中を含む全身コースが同じく5回で248,000円です。
2回目以降に限られますが、所要時間は1回あたり30分と短く、痛みは弱めで脱毛の範囲が広範囲なのが特徴です。
施術時の格好は、上を脱いでうつ伏せの状態ですから、全身脱毛にありがちな恥ずかしさが抑えられています。
リゼが提供する背中脱毛は、炎症性浮腫のリスクが最小な一方で、毛嚢炎のリスクが高いという注意点があります。
また、増毛や硬毛化のリスクも存在しますから、しっかりと説明を受け、納得してから施術を決めることが大切です。
幸いなことに、リゼでは1年間の無料保証が提供されるので、万が一増毛や硬毛化などが発生しても安心です。
いわゆる打ち漏れの心配はありませんし、剃り残しがなければスムーズな施術に期待できます。
火傷のリスクはそれなりに高いので、そこもカウンセリング時に説明してもらう必要があります。
背中脱毛は、未だ増毛や硬毛化のメカニズムが完全に解明されていないことから、100%安全という保証はないです。
これはリゼに限らず、どの脱毛クリニックも同様なので、リゼだけのリスクとはいえないでしょう。
もしこれらのリスクが生じても、照射の継続で改善することがリゼでは分かっています。
最大で1年間の無料再照射の保証がついてきますから、リスクがあるにしても対応が講じられているわけです。
注意点は確かにあるので、軽視したり無視はできませんが、しかしリゼなら優れたサポートが行われますから、もしもの時も頼りになります。

リゼ背中脱毛の特徴と注意点

リゼでも背中脱毛を実現してくれますが、その範囲は背中の出っ張った左右の骨を結んで腰骨の部分までになります。施術を受ける方法は、上半身を脱いだ状態でうつ伏せの姿勢のまま光レーザーによる脱毛を行っていきます。
脱毛による痛みに関しては、弱めの痛みを感じることがあり、特に背中の骨の周辺や腰の骨辺りの部分に生じることが多いとされます。リゼにおける背中脱毛に要する時間は約30分になり、完全予約制で行う流れになります。
注意点に関しては、脱毛を繰り返すことで増毛化・硬毛化に至るケースがあり、産毛だった状態が悪くなる可能性も存在します。実際にリゼで背中の脱毛の施術を行った結果、約1割の方が増毛化や硬毛化になったというケースも見られるとのことです。
なおリゼもこうした症状に至るリスクがあることを事前に告知して、施術を受ける方に納得してもらう取り組みを実施しています。その上で万が一、増毛化・硬毛化になったケースでは無料保証制度を実現しているので安心して施術を受けることが可能です。
他のリスクには毛嚢炎、やけどなどの症状が起こるケースも存在します。その頻度に関しては、増毛化や硬毛化に比べて少ないですが、それでも肌・毛髪の状態によっては起こるリスクもあります。
なお背中脱毛のコースは5回コースで税別で73,800円となりますので、まとまった施術料を必要とします。人の毛髪の状態に寄っては5回では足りない場合もありますので、その場合には回数が増える可能性もあります。

リゼ手足脱毛の特徴と注意点

顔や腕や脚やワキや襟足や背中などムダ毛が気になる部位はたくさんありますが、人目につきやすい部位と言えば手足です。飲食店で大皿料理を小皿に取り分けるときや書類にサインをするとき、手のムダ毛は目立ちますし、周りの人は意外と手のムダ毛をチェックしています。夏場にサンダルを履いているときや裸足で屋内にいるときなどは、足のムダ毛が目立ってしまいますので要注意です。手の甲や指にムダ毛が生えていると、リングやブレスレットなども映えません。手足のムダ毛が気になっているなら、リゼで脱毛しましょう。リゼには、手と足のムダ毛が気になる方のための手足セットというプランが用意されています。施術範囲はヒジから下とヒザから下ですので、手足だけではなく腕や脚もキレイになります。ヒジ上とヒザ上は産毛しか生えておらず脱毛の必要が無いという方にも最適です。リゼの手足脱毛の特徴は、少ない施術回数で確実に効率良く脱毛が出来るということと、安全性が高い施術で肌への優しさを重視しているということです。痛みの少なさと施術の快適さに定評があります。リゼで手足脱毛を行っている期間中の注意点と言えば、日焼けです。日焼けをすると脱毛効果が弱くなってしまいますし、施術時の痛みも感じやすくなります。手や足は日焼けしやすい部位でもありますので、外出する際は日焼け止めクリームを塗ったり日傘をさしたり靴下を履いたりアームカバーをしたりして、徹底的な紫外線対策を行いましょう。

リゼ手の甲・手指脱毛の特徴と注意点

ムダ毛は腕や足、脇などは特に目立つ部分なので、こまめに処理をする人が多くなっています。手の甲や指となると、つい油断しがちですが、意外と目立つ部分ですので、こうした部分も忘れることなく処理をしておきたいところです。
指や手の甲のムダ毛の悩みを解消するなら、医療脱毛の利用も考えてみましょう。リゼは高品質な施術を安心価格で提供するクリニックとしても人気です。
まず、手の甲や手指の処理をするときも、自宅で表面に出ている毛はシェービングしておくことになります。狭い範囲ですが、処理の際はカミソリで肌を切らないよう、慎重にお手入れをしましょう。電気シェーバーを用意しておくとより安全な処理が行えます。
そして、指の毛は毛抜きで処理しているという人もありますが、レーザー脱毛は毛根に照射する方法ですので、毛根がないとせっかくの効果を発揮させることができません。毛抜きやワックスなどの毛根がなくなる処理は控えておくことが大切です。
施術の際はやや痛みを感じる場合もあります。個人差もありますが、痛みが強いと感じた場合は早めにリゼのスタッフに相談しましょう。麻酔を塗布するなど痛みを和らげる対策も行われています。照射後はやや赤みや腫れが出る可能性もありますが、数日程度で落ち着いていきます。
それから、照射後は肌も乾燥しやすくなっていますので、保湿ケアを丁寧に行うことも大切です。施術期間中は日焼けは避けたいところですので、手の指や甲まで紫外線対策も忘れずに行っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました